そしてたぶん、

●背中が震えた

震える理由を教えよう
きみにだけ
きみにだけなら
打ち明けてもいい
しびれた両足で立ち上がって
その場から逃げ出して
ようやく体を横たえたとき
背中が震えたんだ
息をついて
時計を見たとき
時間がわからなかった
窓から吹き込んだ強風が
むき出しの肩を冷やした
枯れかけの花が
褪せた景色に拍車をかけた



JUGEMテーマ:


↓足跡代わりにポチっとしてくださると励みになります☆

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

   いつもありがとうございます!

posted by ハルノ | こころのことば。 | comments(0)
●スポンサーサイト



↓足跡代わりにポチっとしてくださると励みになります☆

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ

   いつもありがとうございます!

posted by スポンサードリンク | - | -
Comments







 
Infomation
届かないてのひらの代わりに、ことばを届けよう。伝わらなくても、別にいいんだ。
ご訪問ありがとうございます^^ 当ブログはROMも歓迎しております。
Categories
Entries
Archives
Web Clap.


Web拍手です☆
よかったら押していってくださいv
Ranking,search and My website.
参加中ランキング
にほんブログ村 ポエムブログへ
にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
良いなと思った際はクリックしていただけると嬉しいです。

登録サーチ様

詩・ことば・小説の素敵なHPがたくさんあります。

Diary blog
少年は跳ぶバナー
Haruno's book record.
Click!
Comments
Bookmarks
Others